美容師におすすめの副業5選!スキル・知識を活かして稼げる仕事を紹介!

美容師は特に中学生や高校生が憧れる職業の一つです。

華やかではあるものの、お給料は決して高くないため、副業を考えることもあるでしょう。

美容師さんが副業を考えるとき、知りたいのは「副業の選び方」や「美容師におすすめの副業」かと思います。

この記事では、上記のニーズに答えて美容師におすすめの副業を5種類紹介していきます。

読んでいただくことで、美容師さんがより自分に適した副業を見つけやすくなるでしょう。

この記事を読んで分かること
  • 美容師は副業をしていい?
  • 美容師の副業の選び方
  • 美容師が稼げる副業の条件
  • 美容師におすすめの副業5選

先に結論を書くと、美容師の副業は「お客さんに会わない」など、多くの条件を満たす必要があります。

そして、それらの条件をすべて満たしているおすすめの仕事は、下のサイトで紹介しています。

いずれも当サイト「副業の窓口」一押しの非常に稼ぎやすいビジネスなので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

美容師は副業をしていい?

美容師は副業をしていい?

まず気になるのは「美容師は副業をしてもいいのか」という点でしょう。

これは結論をいうと、就業規則でOKなら可能です。

ここでさらに気になるのは「他の職業はよくても、他の美容院などで働くのはいいのか」という点でしょう。

これについても規則によりますが、店舗の情報などが漏れる恐れがあるため、大抵はNGといえます。

また、個人店は企業経営の美容院と違い、ルールが曖昧です。

そのため、明文化されていない部分が多いため、一度店長やオーナーに直接確認する必要があります。

このように手順を踏めば副業をできますが、そもそも「美容師は休み時間や休日が少ないため、副業をできない」というケースが多いものです。

仕事が終わった後はカットの練習で店舗に残っているということも多いでしょう。

そうした理由から、できるだけわずかな時間でできる副業をする必要があります。

その点、1日5分などの短時間でも稼げる仕事は非常におすすめです。

下のサイトではそのような副業をまとめて紹介しているため、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

美容師の副業の選び方

美容師の副業の選び方

美容師の副業の選び方には、いくつかのポイントがあります。

それらのポイントの中でも、主だったものを解説していきます。

お客さんに顔を見られる仕事は避ける

日頃カットをしているお客さんに顔を見られるようなお仕事は、当然避けましょう。

  • 会ったとき何となく気まずい
  • 「あの美容院は流行っていないらしい」と思われてしまう
  • 仕事によってはさらにマイナスイメージになる

まず「気まずい」というのはわかるでしょう。

今後は感覚が変わるかもしれませんが、美容師一筋だと思っていた人が別の仕事をしていたのを見たら、何となくがっかりするお客さんが多いはずです。

また「副業をしないといけないくらい、あのお店は流行っていないようだ」と思われてしまうのもマイナスです。

これは自分だけでなく店舗にとってもマイナスになってしまうので、特に注意が必要です。

さらに、お仕事の内容によってはマイナスのイメージが大きくなります。

極端な話、女性の美容師さんが夜のお仕事で男性のお客さんと会うと、職業に貴賤はないといっても、やはり一般的にはイメージがダウンしてしまうでしょう。

だからこそ高い報酬をいただけるわけですが、「高い報酬をもらいつつも、知り合いのお客さんに会わないような工夫」が必要です。

店舗によっては「事前にモニターや身分証でお客さんの情報を確認させてくれる」ということもあります。

そうして事前確認をできるお店なら「ばったりお客さんに会う」ということはないので安心です。

逆に、普通の接客業でそのような対応はお店もしてくれないので、普通の接客業は少々リスクがあると思ってください。

外見が変わる仕事は避ける(過剰な日焼けなど)

美容師にとって外見は命です。

そのため、下記のように外見が大きく変わってしまう副業は避けるべきです。

  • 過剰に日焼けする
  • 手が汚れる(工事現場など)
  • 髪型・髪色の制限が厳しい

基本的に美容師さんはまず自分のルックスを重要視するため、言われるまでもなく上記のような仕事は避けるかもしれません。

そのため、特に意識せずとも大きな問題はないともいえますが、念のために意識しておいてください。

手荒れが影響しない仕事を選ぶ

美容師さんは、特にシャンプーを自分でしている場合や、アシスタント時代は手荒れがひどいものです。

このため、手荒れが影響しない、手荒れが悪化しないという条件で仕事を選ぶべきです。

たとえば、厨房の皿洗いの仕事は確実に手にダメージを与えます。

手袋をできるケースもありますが、急ぎの場面などできないことも多いのです。

(手袋をつけて超高速でお皿を扱うのは難しいため)

こうした理由から、厨房のお皿洗いはさけるべきです。

同様に家事代行で手荒れが影響する仕事も、やはり避けるべきでしょう。

このように、美容師が副業を選ぶときの条件はいくつかあります。

これらの条件をすべて満たしながら、かつ稼げるお仕事というのは、あまりないものです。

しかし、下のサイトで紹介している副業であれば、上の条件を満たしつつ効率的に稼ぐことができます。

スマホ1台の作業で月収100万円以上も目指せるという仕事もあるため、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

美容師が稼げる副業の条件

美容師が稼げる副業の条件

美容師が稼げる副業にはいくつかの共通点があります。

そうした共通の条件をここでは解説していきます。

外見を活かせる

美容師は職業柄外見がいいものです。

少なくともファッショナブルであることは間違いないもので、それだけでも社会人としてはルックスがかなり良い部類になります。

(社会人は学生と違い、段々外見に気を使う余裕がなくなっていきます)

このため、そうしたおしゃれな外見を活かせる仕事をすると、副業でも有利になるでしょう。

特に女性の美容師さんの場合は、下のような仕事でニーズがあります。

  • モデル
  • チャットレディ
  • メールレディ
  • ガールズバー
  • キャバクラ

モデル以外はお水系が多いと思うかもしれませんが、それでも社会から必要とされているので報酬が発生するというのは事実です。

また、男性美容師さんの場合はバーテンダー・ホストなどが特に稼ぎやすい副業になるでしょう。

何にしても、普通の社会人だと不利になりやすい、こういった外見が問われるお仕事をするのが良いといえます。

美容・髪の知識を活かせる

ランサーズ

美容師は美容や髪についての知識が豊富にあります。

美容師の国家試験をクリアしたという時点で、髪に関する医学的な知識が豊富にあるわけです。

そのため、たとえば下のような仕事でその知識を活かすことができます。

  • Webライター
  • 記事監修
  • アフィリエイト
  • 化粧品開発協力

特にお仕事を獲得しやすいのはWebライターです。

ヘアケアに関するWeb記事は需要が高いので、その方面で執筆すると多くの仕事を好条件で獲得できます。

  • 髪をより健康的にするための知識
  • ヘアセットのノウハウ
  • ハゲ・薄毛の対策
  • 植毛・増毛などのサービスの解説

このように「髪」というキーワード一つとっても、さまざまなお仕事で需要があるわけです。

さらにファッションや美容全般のことまで絡めたら、活躍できる領域は相当に広いといえるでしょう。

このため、特に文章を書くことや読むことが得意な美容師さんはWebのライティングや監修の仕事をクラウドソーシングで請け負うというのもおすすめです。

接客スキルを活かせる

タイミー

美容師は日頃から人の体(頭)に触れつつ、会話を続けるお仕事です。

そのため、あらゆる接客業の中でも接客スキルは特に高いといえます。

他の接客業はボディタッチまではないため、ボディタッチしながら会話もするという点で、特にコミュニケーションの濃い仕事なのです。

そのため、そのようにして培われた接客スキルを活かせる副業が有利といえるでしょう。

接客業といえば、多くの人が想像するのは飲食店のアルバイトかと思います。

たとえば上の画像のタイミーというスポットバイトアプリなら、その日すぐにできるバイトが見つかります。

採用されたらその時間に店舗に行き、言われた作業をすればいいのです。

そして、作業が終わるとすぐにアプリ上に報酬が反映されます。

これは24時間銀行口座に振り込めるため、すぐに報酬を手にできるのです。

このため、ちょっとお金を稼ぎたいと思った給料日前などに、ぜひ活用するといいでしょう。

もちろん、長期的なアルバイトを探しているのであれば、タイミーでなく一般的な求人サイト・求人誌を利用するのもいいかと思います。

美容師におすすめの副業5選

美容師におすすめの副業5選

美容師におすすめの副業は多数あります。

その中でも特におすすめできる副業を5つ紹介していきます。

ビット

ビット

ビットはスマホ1台でできる作業で月収100万円以上も狙えるというビジネスです。

1日5分などのスキマ時間から取り組むことができ、どこでも自由に作業できます。

LINEの公式アカウントを友だち登録するだけでスタートできるので初期費用もかかりません。

「毎月海外旅行に行けるようになった」などの良い口コミも多数あるので、ぜひ下の公式サイトをチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

セレクト

セレクト

セレクトは、働く時間や条件などを自由に選べる副業です。

スキルや経験が一切不問となっているので、副業初心者の美容師さんにもおすすめです。

最大で月収100万円を稼ぐことも可能ですが、ノルマやペナルティなどは一切ありません。

先着30名などの限定条件で無料レクチャーもしばしば行っているので、そうしたキャンペーンを見つけたらぜひ応募してみてください。

副業ガイド

副業ガイド

副業ガイドは、その人に最適な副業を紹介してくれるサービスです。

専門のアドバイザーが優良案件を厳選しておすすめしてくれるので、非常に働きやすくなっています。

スキルや経験、知識などは一切必要ありません。

実際に稼いでいる人の体験談や始め方などは、下の公式ページで確認してみてください。

アフィリエイト

ワードプラス

アフィリエイトは、特に髪や美容に関する分野で、美容師の知識を活かせます。

  • 育毛剤
  • 育毛シャンプー
  • 自毛植毛
  • サプリメント
  • コスメ
  • その他の美容グッズ

上記のようなアイテムでアフィリエイトを仕掛けるのがいいでしょう。

特におしゃれをする系より、薄毛やハゲの対策という深刻度の高いものの方が、高額のアフィリエイト報酬を狙いやすくなっています。

そのため、少々女性向けよりも男性向けの案件が多くなりますが、こうした「狙い目のジャンル」も意識するとさらにいいでしょう。

また、特定の商品やサービスを売り込む以外の方法もあります。

グーグルアドセンスで稼ぐ方法なら、何も売り込む必要はありません。

読者の興味に合った広告をGoogleが自動表示してくれるので、何を書いてもいいのです。

得意分野である美容やファッション、ヘアケアなどの記事を書いていれば、自然とアクセスが集まり、報酬も増えていくでしょう。

そのようにして稼げるアフィリエイトですが、まずは強いサイト・ブログを作る必要があります。

その時に役立つツールが、下のワードプラスです。

WordPlusの詳しいサービス内容は、下の公式サイトで確認してみてください。

メールレディ

キューティーワーク

メールレディは、上の画像のキューティーワークなどのサイトで行います。

男性会員とメールをやり取りして報酬をいただくお仕事です。

メールだけでなく、ライブチャットをすることもあります。

写メールや動画メールを増やすと、さらに稼ぎやすくなるというのも一つのコツです。

特に女性の美容師さんでこうしたお仕事に抵抗がない場合におすすめといえるでしょう。

美容師の副業に関するQ&A

美容師の副業に関するQ&A

美容師の副業について、多くの人が疑問に思う内容は共通しています。

それらの疑問点の中でも、特に重要なものを2つ解説していきます。

会社やお店にバレずに副業をすることはできますか?

報酬が「事業所得」や「雑所得」のお仕事であればできます。

しかし、給与所得のお仕事はできません。

  • 給与所得の場合、住民税は会社が納税する
  • 複数の勤務先で給与所得がある場合、1つの会社がまとめて納税する
  • その担当は、メインの会社に行く
  • そのためメインの会社(店舗)が気づく

ということです。

たとえばあなたが「サロンA」で働いていたら、サロンAのオーナーがこう思うわけです。↓

  • ○○の年収は、去年300万円だった
  • だったら、住民税は○○万円のはずだ
  • しかし、なぜそれより多いんだ?

ここから「おそらく他店で副業をしている」とわかってしまうわけですね。

逆にこれが事業所得や雑所得であれば、自分で住民税を納税できます。

そのため、増えた分の納税が店舗・会社に知られることはないのです。

つまり、給与所得をもらうような副業を避ければいいといえます。

確定申告や納税は必要ですか?

確定申告は原則必要になります。

年間20万円以下の利益なら不要と言われますが、厳密には必要です。

  • 所得税(国税)については不要
  • しかし、住民税(地方税)で必要

ということです。

住民税については副業年収が1万円であっても確定申告をするというのが、本来のルールなんですね。

ただ、誰でも「1万円の申告なんて、逆に役所にとって面倒だろう」と思うでしょう。

実際その通りであり、20万円程度までは「面倒なのでどっちでも良い」というのがお役所の本音です。

それで増える納税はほとんどなく、むしろ手間がかかり、役所の人件費や書類作成のコストがかかるだけなんですね。

そのため、業界を問わず、年間利益が20万円以下なら申告をしない人がほとんどです。

ただ、厳密には「するのがルール」ということは、知っておいてください。

【まとめ】美容師は副業をできる?

【まとめ】美容師は副業をできる?

美容師は副業をできますが、お客さんに会わないなどのさまざまな条件を満たし、さらに効率的に稼ぐのは難しいものです。

カットの練習や大会への参加なども考えると、短時間でできるだけ効率的に稼ぐ必要があります。

そのように効率的に稼げるビジネスは、下のサイトでまとめています。

いずれもスマホ1台で出来る作業で簡単に稼げるビジネスなので、ぜひ参考にしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です