バナー作成の副業とは?仕事内容や始め方、目安収入を解説!

この記事では、バナー作成の副業について解説しています。

バナー作成の副業ってどんなものか知りたい方は多いのではないでしょうか?

自宅のパソコンでできそうな副業ですので、興味を持っている方がいらっしゃると思います。

そこで、今回はの記事では、バナー作成の副業について詳しく解説しています。

記事を最後まで読めば、バナー作成の副業の内容を理解できます!

この記事を読んでわかること
  • バナー作成の副業とは何か
  • バナー作成の仕事内容
  • バナー作成の副業は稼げるのか
  • バナー作成の副業の始め方
  • バナー作成以外の副業

バナー作成の副業で稼ぐためには、数をこなさなければなりません。

最近では、競争が激しくなり、なかなか仕事が受注しづらくなっているため、人によっては全く稼げない可能性もあります。

稼ぎたい人は、バナー作成の副業より「ビット」を始めてみませんか?

ビットは、スマートフォンで作業ができ、安定して稼げる副業です。

長期間に渡って稼いでいけますので、バナー作成よりもおすすめです。

興味を持った方は、公式サイト「オススメ副業を始める」から登録してみてくださいね!

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

バナー作成の副業とは?

バナー作成の副業とは?

バナーとは、WEBサイトに表示されている広告画像です。

色々なWEBサイトをみていると、広告のような画像が表示されていないでしょうか?

その画像が「バナー」です。

商品の紹介ページに誘導する目的で作られています。

バナー作成の副業は、このバナーを作成してもらいたい方から依頼をうけることで収入を得ます。

おもに、クラウドソーシングサービスを活用して仕事を依頼できます。

単価は、依頼の内容にもよりますが、1件あたり1000円から3000円ほどです。

たくさん依頼を受ければ、バナー作成は稼げます。

しかし、最近ではバナー作成の副業は、競争が激しくなってきたため、思うように仕事が受注できなくなってきており、稼げなくなってきました。

ですので、今からバナー作成をやるなら「ビット」の方が稼げます。

ビットは、スマートフォンに送られてくる情報をもとに作業をすると報酬が入る副業です。

仕事も安定して入ってくるため、安定した収入が期待できます。

登録は無料でできますので、ビットを試してみてはいかがでしょうか。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

バナー作成の副業は稼げる?

バナー作成の副業は稼げる?

先ほどの項目でも触れましたが、バナー作成はたくさん数をこなして稼ぐ副業です。

1件あたり、1000円ぐらいの単価ですので、1万円稼ぎたい方は10件以上仕事を受注する必要があります。

ただ、今は参入者が増えてきており、仕事が受注しづらくなってきています。

満足に仕事が受注できないと、そもそも稼ぐことはできません。

また、バナー作成自体の単価も下落傾向にあるため、日に日に稼ぎづらくなってきています。

ですので、今からバナー作成の副業はハッキリ言っておすすめできません。

やるのであれば、「ビット」をおすすめします。

ビットは、安定して収入が期待できる副業です。

バナー作成のように、技術など必要ありませんので、初心者のうちからいきなり稼ぐことができます。

稼ぎたい方は、ビットをやってみましょう。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

バナー作成の副業の仕事内容は?

バナー作成の副業の仕事内容は?

バナー作成といっても、どんな仕事をするのかわかりづらいですよね。

この章では、作成するバナーの種類を紹介します。

商品広告用バナー

商品広告用バナーは、商品を販売するページに誘導する目的で作成されるバナーです。

商品の興味を引くようなデザインにすることで、商品ページに誘導させます。

クリックをしたくなるようなデザインにすることで、商品の売り上げに左右することなるため、バナー作成のなかでは難易度が高いといえます。

キャッチコピーの作成、色あいなどをクライアントと相談して決めます。

記事用アイキャッチ

記事用アイキャッチとは、記事のイメージに沿うようなバナーを作成することです。

アイキャッチ画像は、人の興味を引くような画像です。

記事の中に上手にアイキャッチ画像を使うことで、記事の内容を理解しやすくしたり、興味を引く内容にすることができます。

文字での表現が難しいときに、アイキャッチ画像を挿入してあげると、ユーザーによりわかりやすく伝える効果を生み出します。

カテゴリ・特集用バナー

特集用のページに誘導する目的で作成するバナーです。

特集用とは、主にストアのセール販売などをさします。

こちらのページにいけば、お得な情報がありますよ!ということを画像で伝えるのが目的です。

バナー作成の副業を始めるには?

バナー作成の副業を始めるには?

ここでは、バナー作成の副業を始める方法を紹介しています。

クラウドソーシングで受注する

スキルクラウド
もっとも手っ取り早い方法が、クラウドソーシングで受注する方法です。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と仕事をしたい人をマッチングさせるサービスです。

つまり、バナーを作成してもらいたい!という人が募集をしていますので、その人に対して応募します。

複数の人が応募してくると思われますので、その中からあなたが選ばれれば、バナー作成の仕事を開始することができます。

とくに雇用関係などを結ぶ必要もなく、受注した後はバナー作成し、依頼した人に納品するだけです。

報酬はクラウドソーシングサイトを介して、受け取ることができます。

主なクラウドソーシングサイトは、「クラウドワークス」「ランサーズ」を利用するといいでしょう。

こちらで「バナー作成」などのキーワードで検索し、仕事を受注していきます。

自分のブログ・SNS・サイトでPR

自分自身のブログなどで、作成したバナーを紹介し買ってもらう方法です。

あなたの好きな価格で販売できるのがメリットといえます。

買ってもらわなくても、ブログから直接「バナー作成」の依頼をうけたりもできます。

依頼する方も、あなたの作品をみてから判断できるため、安心して仕事を依頼できるというメリットもあるので、本格的にやっていきたい方にはお勧めの方法です。

ストックフォトサイトで販売する

PIXTA
ストックフォトサイトで販売する方法もあります。

ストックフォトサイトとは、写真素材を販売しているサイトです。

利用者は、自由に写真をダウンロードし、自分のブログなどに使用することができます。

主なストックフォトサイトは「PIXTA(ピクスタ)」です。

売れるバナーは、「よくある文言のバナー」でもいいし「バナー素材」も売れます。

また、イラストでもベクター(Illustratorファイル)でも売れます。

報酬はサイズによって違いますが、1枚600円~1200円ほどとなっています。

バナー作成の副業で稼ぐのにおすすめのサイト

バナー作成の副業で稼ぐのにおすすめのサイト

バナー作成で利用したいおすすめのサイトを紹介します。

1つとはいわずに、複数のサイトを活用していきましょう。

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは、クラウドソーシングサイトの大手です。

東証に上場している大手企業ですので、安心して利用できます。

バナー作成などで検索してみると、結構な数の依頼がありますので、試してみてください。

ココナラ

ココナラ

ココナラは、「自分のスキルを販売する」サイトです。

基本的な仕組みは、クラウドソーシングサイトと同じマッチングサービス。

ナー作成ができる人は、「出品」という形でスキルを販売します。

作成を依頼した人が購入してくれれば、取引が成立します。

あとは、依頼してくれた人に、バナーを作成してあげれば取引は終了です。

出品などという言い方をしているのが、特徴的です。

ランサーズ

ランサーズ

クラウドワークスと同じ、クラウドソーシングサイト大手です。

依頼数も多いので、クラウドワークスとあわせての利用をおすすめします。

募集案件に応募することで、仕事が受注できます。

SKIMA

skima

スキルを売り買いをする、というサイトです。

ココナラと似たようなサービスといえますね。

イラストを中心に販売しているため、イラストのようなデザインのバナーであれば、こちらを利用したほうが売れやすいといえます。

ピクスタ

pixta

写真素材販売サイトです。

写真を提供すると、600円~1200円の報酬がもらえます。

バナー、イラストなども販売できます。

バナー作成に必要なソフト・スキルは?

バナー作成に必要なソフト・スキルは?

バナー作成に必要なソフト・スキルを解説します。

できれば身に着けておいた方がスムーズに仕事ができます。

Illustrator

Illustrator
図やイラストを作成できるソフトです。

こちらのソフトがあれば、デザイン設計が自由にできます。

Photoshop

Photoshop
Photoshop(フォトショップ)とは、画像を加工するソフトです。

画像を拡大や縮小させたり、画像を合成したり、色を塗れる、といった様々な写真加工ができます。

バナー画像を作成するためには、ほぼ必須といえます。

Photoshop(フォトショップ)の機能を熟知する知識を身に着ける必要があります。

html・CSS

なくてもかまいませんが、あると便利なスキルです。

html・CSSは、ホームページのデザインをするのに、必要な知識です。

こちらの知識があれば、ホームページに、バナー画像の設置をしてあげることができますので、クライアントに喜ばれます。

また、仕事の受注時にも若干有利に働きますので、身に着けておいて損はないスキルです。

バナー作成の副業よりおすすめのビジネス3選

バナー作成の副業よりおすすめのビジネス3選

バナー作成よりも稼げるビジネスを紹介します。

思ったよりバナー作成で稼げなかった方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ビット

ビット

ビットは、スマートフォンに届く情報をもとに作業をするたびに報酬が入るビジネスです。

作業内容も難しくありません。

スマートフォンで「LINEアプリ」を使いこなせるスキルがあれば、苦にならずに作業できます。

登録も無料ですので、興味をもったかたは公式サイトから申し込んでみてくださいね。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

クラムスクール

クラムスクール
クラムスクールは、写真や動画を送信して稼ぐビジネスです。

画像を扱うビジネスですので、バナー作成の副業とは相性がいいといえます。

撮影した写真や動画を送信するだけで、報酬が入ってきますので、簡単です。

アフィリエイト

ワードプラス

アフィリエイトは、自分のブログで商品を紹介し、広告経由で商品が売れた場合に紹介料をもらうビジネスです。

バナー画像が作れるのであれば、自分自身でアイキャッチ画像などを作成でき、多くのユーザーの興味をひく記事が作成できます。

ただ、ブログの記事を毎日更新するのは、面倒ではないでしょうか。

そんなときは、「Wordplus」を利用しましょう。

テキストファイルを送るだけで、ブログの画像や見出し作成をすべて代行してくれます。

毎日、継続して記事を作成しやすくなり、どんどん自分のブログに集客できるようになってくるでしょう。

こちらのサービスは、月々1万円で利用できます。

【まとめ】バナー作成の副業とは

【まとめ】バナー作成の副業とは

いかがでしたでしょうか。

バナー作成は、特定のページに誘導させる広告画像です。

販売したり、作成してあげることで、収入になります。

ただ、今では参入者が多いため、満足に稼げなくなってきています。

稼ぎたい方は、「ビット」をおすすめします。

スマートフォンに届く情報を指示通りに作業するだけで、簡単に報酬を得ることができます。

バナー作成だとスキルアップの時間がかかりますが、ビットは初めてすぐに稼ぐことができます。

興味を持った方は、公式サイト「オススメ副業を始める」から申し込んでみてくださいね。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です